インプラント

Implant

インプラントとは?失った歯に近い使い心地の人工の歯

インプラントとは人工歯根(インプラント体)をあごの骨に埋め込んで、セラミックなどの人工歯を装着する治療方法です。入れ歯やブリッジと並んで、歯を失ったときの対応方法として利用されています。インプラント体はチタンなどの骨に馴染みやすい金属で作られており、強度の高さでも優れています。

インプラントの特徴

01

自分の歯への
負担が少ない

02

天然の歯のような
綺麗な見た目

03

強く噛めるため
食事が楽しめる

04

発音がしやすく
話を楽しめる

当院のインプラントへのこだわり

  • 症状がインプラントに向いているか向いていないかをきちんと判断します。
  • 他の歯の保存のためのインプラントをオススメしています。
  • 入れ歯よりも適している場合にオススメします。
  • 歯周病など他の症状がある状態では提供いたしません。
インプラントの治療に不安な方は何でもご相談下さい

歯を失った場合の治療の比較

インプラントはあごに直接埋め込むので噛む力を伝えやすく、入れ歯では噛みにくいせんべいなどの硬いものや、タコやアワビなどの弾力性があるものも食べやすいメリットがあります。またブリッジのように周囲の歯を削る必要がなく、見た目が美しいことも利点です。インプラント自体の耐久性は高いですが、適切なメンテナンスをしなければ持続できない特徴もあります。

※右へスライドできます。

インプラント ブリッジ 入れ歯
メリット
  • 違和感がほぼない
  • 審美性に優れる
  • 噛みやすい
  • 噛みやすい
  • 違和感が少ない
  • 味覚への影響が少ない
  • 治療期間が短い
  • 対応できるケースが幅広い
デメリット
  • 外科手術が必要になる
  • 保険が適用されないため費用が高額になる
  • 治療期間が長い
  • 他の歯へ負担がかかる
  • 隣接する歯を削る必要がある
  • 土台の歯が虫歯になりやすい
  • 見た目が劣る
  • 装着時に違和感がある
  • 噛む力が天然の歯よりも大きく低下する
保険適用 無し 素材によっては保険適用あり 素材によっては保険適用あり

インプラントのメリットデメリット

Meritメリット

  • 違和感がない
  • 天然の歯に近い噛み心地
  • 高い審美性

Demeritデメリット

  • 自費のため費用が高価になる
  • 外科手術が必要

インプラントの料金一例

インプラント 330,000円(治療一例/税込み)

患者様に本当にインプラント治療が必要かを見極めます

インプラントの埋設は、本当にその方に必要であるかどうかをしっかりとヒアリングした上で判断いたします。例えば歯周病など、歯ぐきが良くない状態で施術に進むことはおすすめしていません。他の歯への影響も大きく、できるだけ残存歯を健康に保つためのインプラントでもありますので、口腔内全体の状態をチェックした上でご提案いたします。また日頃の通院にてお互いの信頼関係ができた上でインプラントをご提供するのが望ましいと考えています。

ページトップへ戻る