一般歯科

General

一般歯科とは?歯科の基本的な治療を行います

一般歯科では虫歯や歯周病の治療を中心として、入れ歯の作製や親知らずの抜歯、根管治療なども行っています。歯の痛みやお口の中の不安に対応することも多く、患者様にとってはどのように相談したらよいかわからないことも多くあります。一般歯科を経由して審美治療や矯正治療につながることもあり、治療後は再発防止の定期検診のご案内も行っています。

虫歯治療

そもそも虫歯ってどんな状態なの?

一言に「虫歯」といってもその状況は様々です。歯髄に細菌が感染しこれから痛みが出てくるケース、神経が炎症を起こしているケース、そして歯の表面が細菌によって蝕まれている状態などが該当します。放っておくことによって症状は進行していきますし、痛みも増えてくることが多く、できる限り初期のうちに治療をスタートさせた方が、患部を削る量を減らせますし、神経を残せる確率も上がります。日々の予防はもちろん、気になったらすぐに通院する意識が必要となります。

虫歯になりやすい方の特徴と生活習慣

  • 歯磨き1日1回以下
  • 間食が多い
  • 甘いものをよく食べる
  • 口呼吸になっている
  • 歯並びが悪い
  • 歯科に定期的に行く習慣がない
  • 歯磨きが正しくできていない
  • 被せ物や詰め物が多い

大人の虫歯の主な原因は治療した歯によるもの

成人した方でも新たに虫歯になることはありますが、意外と多いのが昔治療した部分で再発するケースです。虫歯で歯を削った場所の詰め物や被せ物が、年月が経過したことや食べ物の熱さと冷たさなどで膨張と収縮を繰り返して変形し、できたすき間に虫歯菌が入り込むことが原因のひとつ。そもそも、詰め物・被せ物にも寿命がありますから、古くなっているものがあればお気軽に当院にご相談ください。

小児歯科

親子で取り組む子どもの健康な歯

お子様の歯の健康は、親御さんの意識にかかっているといっても過言ではありません。ご自宅でのセルフケアによって、虫歯のなりやすさや治療に通う回数などが変わってきます。ご家庭での生活習慣、とくに食事のとり方や歯磨きができているか、などお口の状況を見せていただいた上でアドバイスいたします。

当院の小児歯科への取り組み

ブラッシング指導

お子様が楽しく歯磨きに取り組めるように、お子様の対応に慣れた歯科衛生士が分かりやすく、ていねいに指導します。

フッ素塗布

お子様の歯は虫歯にかかりやすい上に、進行が速い傾向があります。3ヶ月に1回程度フッ素を塗布すると、歯質を強くして歯の再石灰化を促進し、虫歯菌の活動も抑えます。

シーラント

お子様の歯は磨きにくい上に、に形状的に食べ物が詰まりやすい傾向があります。歯科用の樹脂であるシーラントであらかじめ溝をふさぐことで、虫歯を予防しやすくなります。

予防治療

個人ごとに異なる虫歯のなりやすさに着目

虫歯にならないためには歯磨きが重要であることは間違いありません。また虫歯のなりやすさには個人差が大きく、「○ヶ月ごとの検診が効果的」とも断言することはできません。その人にあった頻度や抱えているリスクを見てメンテナンス内容をアドバイスいたします。歯石の付き方や生活スタイルなども大いに影響しますので、どこに原因が潜んでいるか、この先どんな症状が現れるかなどについてもご説明いたします。

虫歯の予防は口腔ケアと生活習慣の改善が鍵

虫歯については「治療」という言い方をしますが、削って被せても元の健康な状態に戻るわけではありません。機能を補うためには治療は必要なことではありますが、治療によって歯の寿命は短くなりますから、治療が必要ないように予防することが重要です。定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受け、適切なセルフケアを行っていれば虫歯は予防できます。磨き方の指導もていねいに行いますので、まずは当院にお越しください。

毎日の歯磨きと定期検診で歯周病を予防

歯周病の予防も虫歯予防と同様で、毎日のセルフケアを行うことと、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが基本です。口の中に細菌が繁殖すると、バイオフィルムというネバネバした膜が発生します。また、歯垢が唾液の成分と化合してできた歯石は表面がザラザラしているため、バイオフィルムが張り付くと歯磨きでは除去できません。そのため、歯科医院で歯石の除去やPMTCを受けて歯周病を予防しましょう。

ページトップへ戻る